プロフィール

にじのはなのほし

Author:にじのはなのほし
アダムとエバが失った楽園を回復できるようにと願いを込めて“復楽園”としました。地上の天国・楽園を目指しつつ手探りしながらでも前向きに過ごす日々です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューターから教わったこと

今日から、にじのはなの家にチューターが来ることになりました。
チューターとは家庭教師ですが、カタカナで書くとわかりにくいですね。 英語の勉強をしようというわけでお願いしたのでありますが、朝8時から10時までを週二日、合計4時間の勉強になります。
今日はその第一回目。

講師は、南アフリカ出身の方で、こちらの英語センターでも教えた経験を持つ、にじのはなと同世代の先生です。

色々とお話しする中で、話題は「博士論文」へと移っていきました。

にじのはなが留学する前年まで当大学院に留学をしていた同僚の言葉を引き合いに出し、「僕よりも優秀な彼でもそう言うのだから、僕ならなおさら絶対に博士号などとれない」と申しました。
だって、英語ですもの・・・との理由に、すかさず「それはあなたでも大丈夫でしょう」と、“励まし”を。

なんて素晴らしい英語の先生なの!と思ったのもつかの間、「英語は誰かに手を加えてもらえばいいのであって、難しいのは内容と時間管理ですから」と切り捨てられ(?!)ました。

しかし、言われてみればそうかもなぁとナットクし、その気になりさえすれば博士課程に入ってみてもいい・・・なんて恐ろしいことを思いつきました。

まぁ、現状では実現が難しいから思っただけのことかもしれないですけれど。

ひとことで心変わりするにじのはなも何かと思いますが、ともあれ、ちょっとしたひとことがきっかけになって、やる気を起こさせたり失わせたりすることって、ありますね。

日本では「本音と建前」という構造があるようですが、英語圏では大抵は本音だと思います。

英語で勉強することによって知識だけでなく捉え方や考え方も国際的に(建前を使わないように)なれればいいなぁと思ったしだいです。
それも、どうせなら、人を励ましたり勇気付けたり元気にできるような言葉を使いたいものですね。

あ、そうそう。

チューターをお願いしたのは、




にじのはなの奥さんです。
え?ふざけるな!(ズドーン)って?

いや、ふざけてません。
奥さんが本当に喜んで勉強してくれているのを見て、「勉強できてよかったなぁ」と真剣です。
奥さんの勉強する姿を見て自分も刺激されますし・・・。

(1時間1000円です。安いですか、高いですか?ちなみに、相場は500円くらいです。)

<< 親離れ・子離れ | ホーム | 異文化交流 >>


コメント

チューターを

こんばんは。がんばってますね♪
この記事の【チューター】を
一瞬【チーター】って読んじゃって(~_~;)
いやぁ、自然に恵まれているところとは
聴いていたけど、
【チーター】が出るとは・・・
ターザンの世界かって思ってしまいました。
アフリカじゃないからねぇ・・・
お互い、こどもの教育には金がかかるけど(~_~;)
大切な投資だもんね。

立ち寄ってくださってありがとうございました

チーターですか!そりゃ驚きますわな。
スペルが違いますが、チーターは「盗人」と訳せます。
少し前に盗人がお隣さんに入ったそうです。用心しないと・・・。
それから、チューターは奥さんへの投資です。
こういう勘違いをさせてしまうほど、日本語表現力が落ちました。
また、来てくださ~い。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。