プロフィール

にじのはなのほし

Author:にじのはなのほし
アダムとエバが失った楽園を回復できるようにと願いを込めて“復楽園”としました。地上の天国・楽園を目指しつつ手探りしながらでも前向きに過ごす日々です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時にかなって

このブログが始まってもうすぐ一年が経ちます。
あっという間。しかし、一年以上書いている気になっています。

時間はわたしたちが意識する/しないに関わらず、確かに流れ行くものなのだということを痛感します。

特にここ1,2ヶ月は、どうしてこうも早く過ぎてしまうのだろうかという、一種の寂しさのようなものさえ感じる日々ですから、余計にそうです。

みなさんは、どんな毎日ですか。

牧師も走る師走、などと仲間内でしゃべったりしますが、走ってばかりでなく、立ち止まることも必要だと、物理的に立ち止まらされれては思わされました。

ここ5日間のことを振り返りながら書いてみます。 フィリピンの生活から都会の生活へという変化の中、にじのはなは必死に新しい現場に順応しようと頑張っておりました。
そのためか、帰宅して、いらいらした奥さんを見たくない、というにじのはなのわがままが、にじのはなを夜更かしへと動かしていきました。
少しでも早く部屋が片付くようにと、子供が寝静まった夜中にひとりで荷解きをしたものです。
そのせいで急激に体力を消耗し、疲弊しきってしまいました。

私生活が乱れますと、仕事にも影響がもろに出てまいります。
でも、それを悟られまいとする努力が、さらににじのはなの心身を疲れさせていったのでしょう、ついに入院へと追いやられてしまったのでありました。

それは結婚記念日のこと。
クリスマスプログラムの準備を始めていたときに、自覚症状として出てきました。
激しい咳・・・。
すっきりしない胸・・・。
からむ痰・・・。

疲れているせいだと思っていましたが、違ったようです。

急性気管支喘息。

お医者様から診断されたのは今月に入ってからでした。
入院を勧められてもなお、それはできませんと粘っていましたが、ついに観念しなくてはならなくなりました。

原因は色々あるでしょうが、にじのはななりに自己分析するに、睡眠不足と体力減退の肉体には、環八や青梅街道沿線に構える住居は、ちょっとこたえたといえます。
居住環境、就労環境に加え、家族内の環境変化[後日詳述予定]は、思っていた以上に響きました。


さて、そんなわけで、入院を余儀なくされましたが、点滴されながら、また色々な人から携帯でメールをいただきながら、無理は禁物ということを思い知らされました。

思えば、定期的にそういうことを体験させられているわけですが、学習できていないなと反省させられると同時に、そうやって繰り返し繰り返し、自分の原点・力の源は、命を与え支えておられるお方にあるのだ、ということを学ばされてもいるわけです。

フィリピンから帰って、息つく間もなく現場に戻り、あっぷあっぷしていたにじのはなに、「そんなに慌てないでもいいよ、わたしに任せて」というメッセージを伝えるために、5日間の入院を許されたのだと思います。

教会の方々にはご迷惑をおかけしていますが、これから先のよき奉仕のためには必要な入院であったと、長い目で見て、また神様のみことばによって、考えることができます。

3:1 天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。
3:2 生るるに時があり、死ぬるに時があり、植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、
3:3 殺すに時があり、いやすに時があり、こわすに時があり、建てるに時があり、
3:4 泣くに時があり、笑うに時があり、悲しむに時があり、踊るに時があり、
3:5 石を投げるに時があり、石を集めるに時があり、抱くに時があり、抱くことをやめるに時があり、
3:6 捜すに時があり、失うに時があり、保つに時があり、捨てるに時があり、
3:7 裂くに時があり、縫うに時があり、黙るに時があり、語るに時があり、
3:8 愛するに時があり、憎むに時があり、戦うに時があり、和らぐに時がある。
3:9 働く者はその労することにより、なんの益を得るか。
3:10 わたしは神が人の子らに与えて、ほねおらせられる仕事を見た。
3:11 神のなされることは皆その時にかなって美しい。神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終りまで見きわめることはできない。


時にかなって美しいという神様のなされるわざ、与えられる日々の中で生かされていることを、クリスマスプログラムに専心していくに先立ち、覚えることができてありがたく思っています。

<< 会食 | ホーム | 遠い昔のようだけれど >>


コメント

体弱いんだから、無理しちゃだめよ~。おだいじに~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。