プロフィール

にじのはなのほし

Author:にじのはなのほし
アダムとエバが失った楽園を回復できるようにと願いを込めて“復楽園”としました。地上の天国・楽園を目指しつつ手探りしながらでも前向きに過ごす日々です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つの本番

怒濤の一ヶ月(怒濤の学期始め)が過ぎ去ったと思いきや、気がつくとそのままのペースで2ヶ月目も駆け抜けていった。
そして11月。毎週水曜日の夜や、金曜日の集会後の時間、そして土曜日の早朝に祈りの組を持っているが、「今学期残りの行事のために」というテーマが挙がるようになって久しい。
やはり行事が多いとの実感。
精神的には乗ってきたが、体力的には若干オツカレモードである。
中学生たちのパワーに助けられつつも、体力の衰えを生徒から指摘されると否定できない現実を受け止めての日々に迎えた今日の保護者会。 実を言えば、チャプレンにとっては土曜日がその初日であり、滑り出しとしてはそこそこであった。
ただ、やはり、説教の完成が当日ギリギリという“慣例”がにじのはなのほしを弱めていく。
今も左の肩胛骨が多少痛む。

さて、そんな中で迎えた日曜日。
書類やリハーサルでの確認も不十分で迎えた本番。

本番その壱
学習発表会の裏方:
会場係や生徒の誘導を任せられたものの、リハーサル日に家庭の事情で子供を連れていたため、満足のいくリハにはならなかったので、朝、目が覚めたときから緊張しっぱなしであった。
それでも、次々に手際よくこなしていく中学生たちのリズムにも助けられながらどうにか役割を果たせたことを感謝した。
また、本番には最高の発表をした各HRやグループのひとりひとり(教員も生徒も)に対し、心からの賛辞を送りたい。
ホントに、ぐっじょぶでした。

本番その弐
PTA総会礼拝のメッセージ:
上記のような状況だったため、メッセージの準備も不十分。
前日から考えるも、なかなかインスパイアされない。
しかし、ちょっとした合間に帰宅したときに、いつも見慣れていたはずの詩がトイレの壁にかかっているのに気づき、本番直前に聖句も示されて、無事メッセージを語らせていただけた。
主に感謝。
その詩を原文のまま掲載したい。

Parents' Prayer

Thank you, Lord, for laying this precious child in our arms to love and to cherish.
Grant us wisdom and courage for the days and nights... and years ahead.
As this dear one grows, may we gide the little feet along the path.
We entrust our hopes and our fears, ourselves and our family, to your nurture and care.

Amen.

保護者会の総会に関連し、自分自身の親としての立場を再度見つめ直させられた。

本番その参(?!)
「Walk」:
超久しぶりに、BabyBooの新曲を耳にした。
発売されたのがいつかすらわからないで今日まで過ぎたが、にじのはなのほしにとっては「新しく聴く曲」という意味では新曲に違いない。
偶然にも中学生から「BabyBoo、(お母さんの)車で聴いたよ」という思いがけない言葉を聞き、ちょっぴり嬉しかったため、今度の聖書授業では、是非、この曲をネタにしてみようと思い立ったが、どうなることか。

この曲、もしかしたら「まい・ふぇばりっと」になるかもなぁと、今、感じておりまして・・・。
う~・・・。ライブに行きたくなったよ。もう何年も行っていないからなぁ。
東京に「10ヶ月間も」いたのに・・・。
などとぼやいてしまいました。

明日は、強歩大会。
雨の場合には翌日の振替休日を利用して(休日返上で)の大会になるので、何が何でも降雨があってほしくない。

天気が支えられるよう祈りながら眠りにつこうと思いまするるる~~~ぅ

<< hanaかぜ | ホーム | 社会科見学 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。