プロフィール

にじのはなのほし

Author:にじのはなのほし
アダムとエバが失った楽園を回復できるようにと願いを込めて“復楽園”としました。地上の天国・楽園を目指しつつ手探りしながらでも前向きに過ごす日々です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひざうちとデンタルクリニック

感謝祭の振替休日を使って、校外ジムを借りてのバレーボール大会があった。

研成会(生徒会の呼称)主催で男女学年混合のチームで試合がもたれ、セットカウントではなく、20分間で多く得点した方が勝利というルールであった。

勝敗もさることながら、チームダイナミックスには大きな盛り上がりを見た。

普段はちょっと照れる男女の交流(?!)もスポーツを通じて難なくこなし、次第に結束が強まっていくのを見ていると、中学生たちの順応力の高さを思い知る。


さて、当然、生徒選抜チームと教師チームとの試合があった。
にじのはなのほしも出場させてもらった。

学生時代以来たいした運動もしていないため、体を機敏に動かすことはできなかった。

それでも必死になって飛んだり転がったりしていると、だんだん面白くなってきた。 しかし、そこにはイメージからはほど遠い運動能力が待っていた。

華麗に回転レシーブ・・・といきたいところだったが、転がり方が悪く、もともと正座が出来ないほどにもりあがっているひざの骨を強打。

もっとも、サーブ権を獲得するほど“ナイスな”レシーブだったわけで(?!)、にじのはなのほしがサーブをすることになったが、痛みのせいでしばらく足を動かせなかったのだから、やっぱりへなちょこのにじのはなのほしなのであった。


午後はフリータイム。
みんなで食事を済ませて思い思いのひとときを過ごした。

しかし、こともあろうに貴重な休みを使い、我が家は家族総出で歯科へ出向いた。
息子の歯にフッ素コーティングをするかたわら、お父さんの痛みが生じる歯の治療もした。

「それなら、母さんもどう?」と、その場で問診票を記入。

結果、中学生以来一度も詰め替えていなかった歯の銀は老朽化し、合計12本も虫歯のあることが判明したのであった。

こっこの歯にも小さな虫歯の卵があったし、もちろん父さんにも5箇所に卵が見つかった。

これから、またもや家族総出でデンタルクリニックに行こうと堅く決意した休みであった。


今日の教訓

悪いものは小さいうちにつみとってしまうことと、それを見つけるための定期的なチェックアップが大事だなぁ~。

<< 教会で誕生会 | ホーム | すいーとぽてと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。