プロフィール

にじのはなのほし

Author:にじのはなのほし
アダムとエバが失った楽園を回復できるようにと願いを込めて“復楽園”としました。地上の天国・楽園を目指しつつ手探りしながらでも前向きに過ごす日々です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き写し

Hana in lake Taal

生まれて4ヶ月を前にして、はじめて泳ぎました。

いつもは朝と午後の二回、シャワーを浴びるのに、旅行をしていたから今日は朝の一度だけ。
もう途中で気持ち悪くなって、泣き続けること数時間。
でも、そのときはちょうどみんなで湖に行く計画だったので、着いたらシャワーの代わりに入れてしまおうと、少しだけ用心しながら湖の中で体を拭きました。
水から上がって“すすぎ”をしたら、超ご機嫌。
S先生が撮影してくださった写真が、しっかりカメラ目線だったので、にじのはなもカメラ目線画像を手に入れるべく激写したのでありました。
ちょうど奥のほうでは奥さんがこっこに水を飲ませているのが映っており、お気に入りの一枚となりそうです。

さて、こっこははなとは対照的でした。
湖に入るまではハッピーハッピーだったのに、着いて水に体をつけたとたん、大泣きです。
浮き輪を使って、父さんと一緒に・・・と言ってもだめです。
おともだちのSくんやRちゃんも泳いでいるよ、と言っても耳に入らず。
結局、泣き続けさせて5分間で上がってしまったのでございます。

こっこの泣いているのを見ながら、自分を見ているようで、嬉しくもあり恥ずかしくもあり。
確かにじのはなは小学生になってからもプールで泣いていました、怖くて・・・。

血のちからに書きましたが、泣き虫は受け継いで欲しい血ではありません。
しかし、しっかり受け継がれております。


にじのはなが小さいとき、泣き虫だったのを父が見かねたのか、泣くたびに「男だろ!泣かない!」と言われたのをよ~く覚えています。
今、こっこが泣いているのを見ると、当時の父の気持ちがなんとなくわかるのでございますが、しかし、にじのはなは泣き虫こっこを、できる限り受け止めたいのであります。
泣き虫でいいよというよりは、泣いているそのときの気持ちを大事にしてやりたいという思いです。

泣き虫こっこはにじのはなの生き写し。
でも、どうせ生き写されるなら、こっこ対する父さんの深い思いを写して欲しいわけです。
にじのはなの父も、息子に対する深い思いから「泣かない!」と言ってくれたのだと信じていますが、
しかし、泣きたいときは泣きたいのだから、それを無理にコントロールしなくてもいいと、自らの体験に基づいたある種のこだわりでもって、こっこやはなを育てて生きたいのであります。

思えば、神様もわたしたちに対する“こだわり”を残しておられます。
黄金律、あるいは聖書の中の聖書と呼ばれる聖句です。

「だから、人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。」(マタイ7:12)

人からしてほしくないことはしない、ではなく、してほしいことをする。
この積極思考、肯定的・能動的姿勢で生きるようにという“こだわり”が残されております。

泣き虫というどちらかと言えば負の部分に目を向けるのでなく、その中に正の部分を見出す生き方をしたいのでありまして。。。

<< 生まれて初めて | ホーム | 何の証し? >>


コメント

むふむふ。

にじのはなさんのお話を読んで、思い出したことがあります。

今は世界に広がるスターバックス。
そこで働くバリスタさんたち。

聞いた話ですが、彼らの接客にはマニュアルがないそうです。

自分がして欲しい事を、人にする・・・がモットーらしいです。

スターバックスのバリスタさんたちは気さくですよね。

珈琲の細かいオーダーにも挑戦してくださるし、みていて気持ちがいいです。
彼らの接客は、テレビCMでなく、口コミでスターバックスを拡大するのに一躍かっているのでは?と思います。

・・・ところで奥様、スレンダーな方ですね!(^^)

やすけさん

コメントありがとうございます。
スタバの裏話、知りませんでした。
口コミほど強力な宣伝はないですよね。

奥さんは経産婦の悩み、“おなかの処理”に苦労しています。
でも、にじのはなとしては、お母さんらしくていいんですけどね。
やっぱり女性は永遠にみずみずしくいたいのでしょうね。

それと、写真でわかりますか?奥さんの腕の血管。
注射演習のとき、よく実験台にされたとかされなかったとか・・・。

このような奥さんに支えられているんですよ、にじのはなは。(?!)

奥様の腕・・・細いですね!
しかしこの細腕で、こっこちゃんやはなちゃんを育て、にじのはな家を支えておられるのでしょう(^^)

血管は写真ではわかりにくいですが、練習させていただくには余計なもの(脂肪)がないほうがありがたいですね。

お腹の処理・・・年々と共に、余計なものが・・・(^^;
永遠の悩みです(^^;

はなちゃん!!!かわいいねぇ。かわいいねぇ。
ぷくぷくだねぇ。
あー。かわいい。
カメラ目線・・・。たまらない。
あって抱っこしたいです。


4姉妹母さま

ご来訪ありがとうございます。
ぜひ会って抱っこしてやってください。
帰国後どこに赴任するかは不明ですが、少なくともフィリピンよりは会いやすいでしょうからね。

なんと!

ものすごく良いお写真にドキッとしちゃました!!

こんなに澄んだ瞳で見つめられると、心の中の汚い感情や余計な考えが吹っ飛んで行きそうです。

ステキな家族に支えられて、みんな生きているんですよね。

あつこもいつも、他人にされて嫌だと思うことはしないように心がけています。
仲の良い友人に対しても、全く知らない人に対しても。

はなちゃん、にじさんに似てらっしゃいます??
おめめが大きくて、かわいい(^^)

あつこさん

花は生まれたときには父さん似でしたが、最近は女の子らしさが濃くなってきましたよ。え?女の子らしいのは父さんも同じなんじゃないかですって?
そんなぁ。^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。