プロフィール

にじのはなのほし

Author:にじのはなのほし
アダムとエバが失った楽園を回復できるようにと願いを込めて“復楽園”としました。地上の天国・楽園を目指しつつ手探りしながらでも前向きに過ごす日々です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ英断?!

明日はNational Holidayで学校はお休み。
この時期に合わせてお手伝いさんと、Hファミリーの奥様と一緒に買い物に行くことを計画していたにじのはな家族。
ところが・・・。 花を連れて行くのは暑くてかわいそう。
じゃ、にじのはなが残って面倒を見るかと考えるも、哺乳瓶からはほとんど飲んでくれないので、不可能だろうということになりました。

お手伝いさんに聞いてみました。
我が家の状況から見て、市場へ行くのは現実的かどうか・・・。

バスとジプニーに乗って早くても90分。
着いた先ではベビーカーの使用は困難だし、暑くて乳飲み子を連れて歩くのは難しい。
花ちゃんを置いていってもお母さんのおっぱいがないからかわいそう。
だから行かないほうがいいと思う。

というアドバイスでした。

で、お手伝いさんは「あまりにもmomが楽しみにしている様子を見て、(計画当初は)このことを言い出せなかった」と申し訳ないと感じている様子でした。しかし、現実的なアドバイスをしてくれてありがたかったです。

さて、残るは奥さんの気持ちですが。

何しろ、どこへも行ったことがないくらいですから、この日を本当に楽しみにしていました。
第一の目的は、オーダーメイドの服を注文するため、いい生地を手に入れることでした。
妹や奥様方とあれこれと話を交わしながら、うきうきしているのが手に取るようにわかりました。
でも、花と虹をどうするか。
虹はどうにかにじのはなが世話できても、花はどうしても無理です。だって母乳出ませんから・・・。

そこで、何日か前から、哺乳瓶で飲ませるのを挑戦してみましたが、だめでした。
(あきらめるしかないかなぁ、でも行きたいなぁ)そんなことを考えていた昨夜。

「女がその乳のみ子を忘れて、その腹の子を、あわれまないようなことがあろうか。たとい彼らが忘れるようなことがあっても、わたしは、あなたを忘れることはない。」(イザヤ49:15)

という聖書のことばが頭に浮かんだというのです。

それでほぼ“行かない”決断をしたようです。
今朝も色々とT夫人に相談してみるなどして悩んでおりましたが、やはりこの言葉を振り払うわけにいかなかったみたいです。
聖書のことばはこんなにも人の心をつかんで放さないものだと再認識すると同時に、自分のやりたいことを棄てて娘を優先させた奥さんはやっぱり最高だなぁと惚れ直したのでございました。

まぁ、母親ならばそれが当たり前でしょうという方もおられるかも知れませぬが、そばでみていて、本当に苦しい決断だったなと思いましたものですから、改めて尊敬の念に満たされた次第でございます。

そう、結婚するなら、尊敬できる相手がいいんです。

そういえば、奥さんがにじのはなと結婚するのも“英断”だったと思いますよ。
何でか・・・。
理由はまた、いずれ。

ということで、明日は近場にお買い物に出かけま~す。
課題がありますが、にじのはなも“英断”せねば!

<< 責任-自分のできること | ホーム | その日は・・・ >>


コメント

こんばんは!
いつも更新楽しみにしています。
また遊びに来ます。
最後に、応援クリックして帰ります。

stayup様

応援ありがとうございます。
時々遊びに来てくださっているんですか?
こちらの知らないところで、どなたかが見ていてくださる。
ブログはそういう意味で、やりがいがあります。

また来てくださいね。

結婚するなら尊敬できる相手。

まさに私もそう思います。


最近の夫婦は、なぜか奥さんが旦那を邪魔者扱いしている印象が強くて、じゃあ何故結婚したの?と疑問に思ってしまう事が多いです。

外に出て働くお父さん。
働く姿を見ないと、信用できないのでしょうか?

休みの日に子供の相手も家事もしないからと、文句を言う奥さん。
仕事で疲れた旦那さんの気持ちを考えてはいないのでしょうか?

私は結婚もしていないし、まして恋人もいません。

実際に経験していない事なのでなんとも言えませんが、私はそんな夫婦には絶対になりたくないと思っています。

にじさんたちのように、相手を想い会える夫婦になりたいと思っています。

早く誰か見つけてくれないかな(笑)

あつこさん

コメントありがとうございます。

>相手を想い会える夫婦

夫婦って、不思議ですよ~。
血はつながっていないのに、血縁関係よりも深いんですから。
相手を想えなければ結婚はしないほうがいい、とは申しません。
ただ、想えないときにも関わりをあきらめないという覚悟が必要なんでしょう、きっと。
その意味でも深いんですよね、おそらく。
まだ4年半しか経ってませんので、何とも言えませんけれど・・・。

コメントまでv-290

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。