プロフィール

にじのはなのほし

Author:にじのはなのほし
アダムとエバが失った楽園を回復できるようにと願いを込めて“復楽園”としました。地上の天国・楽園を目指しつつ手探りしながらでも前向きに過ごす日々です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心強い味方

久しぶりの更新です。
理由はいくつかありますが、ブランクができた最大の要因はインターネットと電話の回線が盗まれたことです。
以前にも同じようなことがありましたが、今回は復旧が遅れました。
都合5日間の不通。
しばらく滞ると話題も古くなっていくので困ったものです。
写真も撮り貯めていますし・・・

そこで最新画像を掲載します。 こっこと花1


昨日、思わず撮ってしまった一枚です。
かわいいなぁと思ったもののデジカメが見当たらず、ビデオで撮影したものですから暗く粗いのはちょっと残念ですが。
最近髪を切ったこっこと少しずつ生えそろってきた花の後姿、なんだか似ていると思いませんか?

似ているといえばこちら・・・。

似ているね


昨日、画像の整理をしていて、よくもまぁ似たもんだと感心した一枚ですが、こっこが生まれて2ヶ月頃のものなのです。
花にそっくりです。


さて、そのふたりは、2,3日前から体調不良を訴えています。
にじのはな夫婦も倦怠感を抱えての生活なのですが、自分達よりも、鼻づまりのひどい子供達のほうが気の毒になるものです。
ふたりして鼻ちょうちんを作り、鼻の周りには塊を作り、不調になるのまで似なくてもいいのにと思わされるほどであります。

ただこっこは体力がありますので寝込むこともなく、38度近くでも元気に過ごせており感謝でございます。
先ほどはこっこと一緒にPrayerGardenでおたまじゃくしを捕まえてきましたが、その途上での会話です。

にじのはな:「こっこ、こっちから行くよ。近いし・・・」

こっこ:「でも、蛇が出たらどうするの?」

にじのはな:「父さんがやっつけてあげる。」

こっこ:「どうやって?」

にじのはな:「そうだなぁ、石を“エイ!”と投げてやっつけるよ!」

こっこ:「え?でもここらへんには石がないんだけど・・・」

にじのはな:「げ?!?!ホントだ。」

こっこ:「じゃぁ、棒はどう?」

(そう言って棒を探しに行ったあと)

こっこ:「もし、蛇がにょろにょろ~って出てきたら、こっこが父さんのために、これでやっつけてあげるからね!」

にじのはな:「ホント?こっこは怖くないの?」

こっこ:「うん、だって棒があるから!」


よく見ると、棒のように長いふにゃふにゃの葉っぱでした。
実際に遭遇してしまったらどうやって蛇と対決するのか、にじのはなもこっこにもわかりませんが、何とも勇気付けられる一言でした。

おたまじゃくしを取ってきたあと、今はすやすやお昼寝しております。


勇気付けられる聖書のことばです。

「わたしはあなたに命じたではないか。強く、また雄々しくあれ。あなたがどこへ行くにも、あなたの神、主が共におられるゆえ、恐れてはならない、おののいてはならない」。(ヨシュア記1:9 旧約聖書)

「あなたがたは強く、かつ勇ましくなければならない。彼らを恐れ、おののいてはならない。あなたの神、主があなたと共に行かれるからである。主は決してあなたを見放さず、またあなたを見捨てられないであろう」。(申命記31:6 旧約聖書)


にじのはなは“あなた”の部分に自分の名前を入れて読むようにしています。

明日から新学期、体調不良と戦いながら頑張ります。
助け合ってねと子供達から教えられながら・・・。

こっこと花2

<< 20年目に突入! | ホーム | ブッゴ~イ >>


コメント

こんばんわ。お久しぶりです。にじのはなさん、いまのBLOGのテンプレートいいですね(^^)

ところで、こっこちゃんとはなちゃん体調がいまひとつのようですが、小さいうちは風邪を強いたり、熱がでるのはよくあることらしいですよ(^^)

勇気付けられる聖書の言葉を読んで。

旧約聖書を読んだことはなく、しかもクリスチャンでないので申し訳ないのですが(^^;
大好きなゴスペルナンバーの♪My Life Is In Your Handsを思い出しました。

♪心配することないよ~心配ごとは続かないし~神様がそばにいてくれるし~とかなりフランクな日本語に訳しましたが。

ゴスペルナンバーや英語の歌で目的語を含まず、いきなり『You』『Thee』『Him』『He』『His』等の単語は神様を意味するといいます。

でも神様だけでなく‘自分’‘大切な人’などに心の中で意味を変えて、思いをこめて歌うのが大切と思います。

・・・とまじめに語りましたが、♪Oh、Happy,Dayでは、神様が私の頭の中で‘手もみ洗い’をされてしまいます(^^;←理由は割愛します(^^;すみません。

にじのはなさんの良いお言葉を読んだあとに、変なことを書いてすみません(^^;

やすけさん

テンプレート気に入ってくださってよかったです。
って、にじのはなが作ったわけでないのですが。

おっしゃるとおり、神様がそばにいてくださるから心配ごとは続きませんね。
いつか、ゴスペルやニグロスピリチュアルなどでも書いてみたいと思っています。

割愛された“理由”、こっそり教えてくださいね~v-221
ぜんぜん、変なことじゃありません、反応があって嬉しかったです。

こんばんわ。
割愛したのは、長くなってしまうかと思ったので(^^;

でも今日は書きます。

ゴスペルの講師が数年前、高校生の生徒に‘Oh,Happy Day’を教えた時、Washの意味がわかるか聞いたそうです。
その時、高校生のこは‘神様がお洗濯をなさる’と答えはったそうです(^^;

歌詞がHe washed my sins awayと続くので、お洗濯をされるのではなく、罪を洗い流してくださるのが正しいのですけどね(^^;

ゴスペルが歌われるようになった理由を教えてもらって、歌うと、なんだかじーんとしてしまいます。
またゴスペルのリズムは主に裏拍なので、それが私は好きです。歌詞もシンプルで、わかり易いし。

法事などでお坊さんがお経を読まれるのを、必死で追うことはありますが、リズムや意味がわかりにくいです(あっ、お坊さんのお話は好きですし、線香の香りも大好きです^^;)

ゴスペルは庶民が神様を讃えたり、身近に感じたりしているのが歌でわかるので、好きですね。。。

と、かなり長く語ってすみません(^^;

はなちゃんのかげんがよくなりますように~♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。