プロフィール

にじのはなのほし

Author:にじのはなのほし
アダムとエバが失った楽園を回復できるようにと願いを込めて“復楽園”としました。地上の天国・楽園を目指しつつ手探りしながらでも前向きに過ごす日々です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fortunately

課題で出された図書を、ひとりのクラスメートが全員分のコピーを注文してくれました。
193枚のコピーを20人以上が必要としているため、学内の印刷を一手に引き受けているコピーセンターのワーカーたちも大変そうでした。
それにしても、全員分のコピーを注文してくれたお陰で、にじのはなは本を探したり、ページを提示したりせずに済み、お金を払うだけで課題図書のコピーを手にできました。
本当にありがたいことでした。

コピーセンターに行った時のことです。 午後1時半にはコピーができている・・・そうだったのですが、3時ごろにカウンターに聞くと、まだ作業中とのこと。
5時前にはできるから取りに来てと言われました。
きっと5時前後は忙しくしているので、夜の時間帯に取りに来ますと伝えると、

「じゃ、このオリジナルを持って行っていいよ」

との返答。


拍子抜けしました。
だって、いつも、そのおばさま、憮然としながら追い返すんですから。
(ま、そんなにひどい人ではないのですが)

「子供がいるから大変でしょう?ここへ来るのも容易でないということ、わかりますから

実は、花を背負い、こっこの手を引いてコピーセンターに行ったのです。
子供たちのお陰でしょうか、二度手間をしないで済みました。

なんとありがたいことかと、クラスメートと子供たちに感謝し、あらためて気付きました。
誰かに支えられて今の自分があるんだと。

昨日にしてもそうです。
ネットバンキングができずに困っていました。
技術的な知識がないため、ITオフィスに聞いていましたが、ひとりのOfficerが我が家を訪ね手ほどきをしてくれたのでした。
お陰で、バンキングサービスだけでなく、チャットやスカイプなども再開できました。

また、トイレの水漏れがするからと修理を依頼していましたが、担当者がひとりしかおらず、なかなか手が回らない状態でした。
しか~し、向かいのアパートにその担当者がいるのを見つけたにじのはな、すかさずリクエストをいたしました。
すると気安く、あとで行くからと了解してくれ、部品などを取り揃えるために何度も倉庫と我が家を往復して修繕してくれたのでした。

このとき、そのワーカーと話していましたが、部品が安物であるために応用が利かないとか、本来屋外にあるはずの配管が洗面所に来ているのはおかしい、などと言って、建築業者は熟練者でないようだということを説明してくれました。

上の人たちは会議や説明書だけで判断するが、(修理などをする)現場のものに言わせれば、「安いけれど、高い買い物」だ。

なんですって。
確かにここは新築ですが、次々に要修理箇所が見つかります。
特に水回り・・・。

ともあれ、こういう現場のエキスパートによって、にじのはなたちは安心して生活ができるのだということに気付きました。
上の人たちは、もっと現場のひとたちを大切にしないといけませんよね。
誰のお陰で、冷房の効いたお部屋で会議ができるのでしょうか。
誰のお陰で、トイレをきれいに使えるのでしょうか。
誰のお陰で、インターネットができるのでしょうか。



日本語では「おかげさまで」という表現が、英語にはないと聞いたことがあります。
誰かの「陰」で自分が生きられる・・・なんと素敵な言葉かと思います。

聖書のことばです。

「主はあなたを見守る方、あなたを覆う陰、あなたの右にいます方。」詩篇121:1(旧約聖書)


「おかげさまで」をあえて英語に置き換えるなら、fortunatelyなんだとか。
幸運にも、と直訳できますが、奇跡的にとか偶然にもという意味を含んでいるように思いませんか。
しかし、幸運も決して奇跡や偶然でなく、ちゃんとそういうお取り計らいをなさってくださるお方がおられるんですよね。

おかげさまで、の精神で勉強も続けます。


そうそう、もうひとつ気付かされたことです。
勉強、今、子供たちとの時間をそっちのけでやっているんですが、花が生まれる前、奥さんが動けなかったので、こっこの面倒をよく見ていたことがありました、勉強そっちのけで。
周囲からは「勉強しなくて平気なの?」という声にもならない声が

ところが、振り返ってみれば、今よりも当時のほうが成績が良かったんですね。
子供そっちのけで勉強しても成績が悪いのなら、もっと子供と遊んだほうがいいんだと思わされました。
今日にしても子供のお陰で手間が省けたのだし、奥さんのお陰で健康も保たれているのだから、恩返しをしなくちゃ!

もっと謙虚に、おかげさまで生かされていることを覚えて、子供と奥さんとの交わりも大切にしたいと決意を新たにさせられたのでございます。

<< 早いですね~ | ホーム | 連続写真 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。