プロフィール

にじのはなのほし

Author:にじのはなのほし
アダムとエバが失った楽園を回復できるようにと願いを込めて“復楽園”としました。地上の天国・楽園を目指しつつ手探りしながらでも前向きに過ごす日々です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

simple life

昨日は左足(小指)の爪がはがれ、デジカメの充電器が壊れ、パソコンを消し忘れて眠り、踏んだりけったりでした。
今朝は早く目覚めたものの、思ったよりも惰眠をむさぼってしまい気分は浮かず・・・。
テンション下がりっぱなし~と思っておりました。
でもでも、それで終わらないから人生は面白いのでしょうね。 サッカー敗戦で日本代表やジーコ監督を批判する声がサッカー協会に(?)たくさん届いたという記事を読みました。
なんだか、寂しい思いがいたしました。
もちろんそのような声をあげない多くの人たちは静かに見守っていることでしょう。
もしかすると、日本代表たちと共にこの嫌なムードに立ち向かっているかもしれません。

でも、やっぱり、人を非難するのはよくありませんね。
誰だって一生懸命にやってもうまくいかないこと、ありますよね。
それは棚に上げておいて、他人の「振り」を見てしまう傾向が、どうしてもなくならないようです。
誰かを悪者にする(というわけなのではないのかもしれませんが)、そういう声って、目立ってしまいますね。
そういう社会って、多分、世界共通なのでしょう。

しかし、この風潮をせめて自分の周り、家族や知人、友人の間だけでもなくしたいものだと思うのでございます。

そう、そして、自分の子供たちにまず伝えたいわけでありまして。


にじのはなと奥さんは、結婚して家庭を築く際に話し合いました。
天使が喜んで訪れる、天国のような家庭を目指そう、近隣の人たちも魅力を見出してくれるような家庭を、と。
そしてそのために、子供たちが家庭を何より安心できるものとしてくれることが必要だと。

もし家庭が批判的で、欠点を指摘しあってばかりの、自分の心をゆるせないようなものであったとすれば、子供はそのような大人になっていきますね。


にじのはなは、こっこが親の言う言葉にきちんと応答できるようになってから、そのように言い聞かせたらよいと思っておりました。
つまり、こっこが自分の思っていることを言語化できて、コミュニケーションが図れるようになってから、とまぁ、悠長な考えでおりました。

しかし、夫婦で育児について読んでいた書籍に「従順さを教えるのは、早ければ早いほど良い」というようなことがあり、むしろ手遅れになる前にきちんと教えなさいということでした。
小さいころには甘えさせておきながら、“はい、3歳になったのだから”などと急に方向転換されても子供は戸惑うし、もう一定の気性ができあがっているのだから、それからの修正は難しいというのです。

確かにそうかもしれないなぁと、昨日、ひとりでシャワーを浴びて体を拭いていたこっこを眺めながら思ったのでございます。

滑らないように足拭きマットの上でよく足を拭いてから部屋へ移りなさいと、まだこっこがひとりで浴びられない頃から教えておりましたが、それをやっていたわけでございました。

そのほか、花との関わりについて優しく丁寧にとずっと言い聞かせておりましたが、花が7ヶ月を迎えた今日、こっこの振る舞いの中にそれを顕著に見ることができたのでありました。

また、水曜日の夜にはPrayer Meetingがありますが、今夜こっこは、そこでお友達のお父さんのためにお祈りしておりました。

「かみさま、Hさんがおなかをいたいいたいといっています。どうぞなおしてください。」

家族の礼拝をできるだけ毎朝晩行っており、こっこにも祈るように頼んでいますが、お祈りのことばもそこで覚えてくれているんだと嬉しくなりました。
これでテンションは上がってしまったにじのはな、単純です。
(ついでにいうと、単細胞・短足でして・・・。)

でも、それでこそ人生というものなのではないでしょうか。
人生、簡単ではないけれど、それを複雑化させてしまうのは、誰かを責めやすい人間自身なのでしょう。

いい加減がいいとは思いませんが、時には、単純に生きてみるのもよいかなと思うのであります。

こっこが日々成長し、小さい頃からの教えを確実に獲て行っているように、大人であるにじのはなも、昨日より今日、今日よりは明日、という風に、ほんの少しずつでも(単純に)向上できるようにと願ってしまうのです。

<< 合計100匹? | ホーム | 一喜一憂 >>


コメント

ふむふむ。

三つ子の魂百までといいます。
小さいころの教えは非常に大事ですね!

やすけさん

この前、こっこは花の腕を噛んでいました。
「どうしてそういうことするの?痛いでしょ!」と注意されると、
だってかわいいんだもんとの答え。
どうやら、にじのはながこっこのことをかわいくて噛んでいたのが伝染しちゃったみたいです。
こんなことが癖になってしまったら、好きな女の子ができたときとかが不安ですね。
三つ子の魂、おそろしや~。以後気をつけますv-292

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。