プロフィール

にじのはなのほし

Author:にじのはなのほし
アダムとエバが失った楽園を回復できるようにと願いを込めて“復楽園”としました。地上の天国・楽園を目指しつつ手探りしながらでも前向きに過ごす日々です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Are you hungry?

今朝、娘の泣き声で早く目が覚めたので、ついでに起きちゃえ!と起き出して聖書を読んでおりました。
お祈りも済ませ、なかなかよい滑り出しだと思った軽やかな一日。
が、朝7時からのバドミントンではたと考えさせられ、今は足取り重い、足踏み状態なのであります。 というのも、最近、コーチがにじのはなを見るなり、水の入ったボトルを手渡し、体育館の中をランニングするように指示するからです。

そのコーチ、どうやら、にじのはなの意気地のなさ体力のなさに気づき始めたらしいのです。
で、最近は、着いたらまずランニング、そして手首強化の体操を少しでいいからすうるようにと言うようになったようでございます。

しか~も!
30分のトレーニングプランのうち、大半が同時間帯にトレーニングに来ている誰か(ほんとに誰でもいいみたい)をつかまて、試合させるんですね。

そりゃ、実践を重ねないと自分の弱点を見つけることは難しいし、どういう動作が求められるかを知るのにうってつけなのはわかります。

でも、もともとにじのはなが望んでいたのは「運動不足にならないための軽い運動」であって、「強く、うまくなるための、息が切れるようなトレーニング」ではなかったのでございまして・・・。

最近にじのはながしているレッスンは、どうも「強くなるための」内容になっているようでして、「走りなさい」「ボトルを使って手首を強くしなさい」「試合をこなしなさい」なんて言われるのが、なんか嫌だなぁと思ってしまうわけございます。

そこではたと気づいたこと。


「向上心減退したんじゃないか?」


そういえばこの前、同じアパートに住んでいる英語の上手なドイツ人としゃべっていたとき、どうしてそんなにべらべらなんだ?と訊いてみたんですが、
「自分で“英語がうまくなりたい”と思って、訓練しているからだよ」と言うのです。

そこでにじのはなは、ちょっと癪にさわり(?)質問を変えてみました。
「ドイツ語と英語では似ているところがあるか」と。
そうしたら、うん、あるよ、語順が同じだよと。

そこでにじのはなは、(やっぱりね。だから、彼はしゃべれるんだよ。日本人はね、まったく違う文法だから云々)と、心の中で言い訳しているんですね。

しかし、いくら語順が同じでも、うまくなりたいという希望と意欲がなければ、彼とて上達はしなかったはずです。

そして、今朝の“気づき”。
もう、ちょっと、考えさせられてしまっているわけでございます。

机の目の前には、書き上げたこれから先1ヵ月半のスケジュールが貼ってあります。一週間単位のタイムテーブルまであります。

でも、肝心なのは。
“向上心”でしょうか。
課題でも何でも、なんとなくやって終えるのではなく、何かを獲てやろうという貪欲さというのでしょうか。

にじのはなにはこのいい意味での貪欲さが、だいぶ足りないようでございます。

“復楽園を目指して”と豪語している銘打っている以上、やっぱり目指していかなきゃならんのですね。

「兄弟たちよ、わたしはすでに捕えたとは思っていない。ただこの一事を努めている。すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、目標を目ざして走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与を得ようと努めているのである。」(ピリピ人への手紙3:13,14)

「すべてあなたの手のなしうる事は、力をつくしてなせ。あなたの行く陰府(よみ※)には、わざも、計略も、知識も、知恵もないからである。」
※死後の世界のことですが、聖書では「死人は何事も知らない」と言い、生かされている間に、精一杯に生きよ、一分一秒を大切にせよと教えています

息子が最近覚えた英語です。

“I'm hungry.”

ハングリーに生きたいですね。

<< まぜてまぜて | ホーム | 名誉の負傷? >>


コメント

にじのはなさん、こんばんわ。

貪欲さですねー。私も今いろいろやっている事がありまして、あ、ゴスペルなんですが・・・。

ちょっと続けるのしんどいかなと、思っていたその矢先、講師から、恒例ライブ以外にゴスペルのイベントにでよう!と誘いを受けました。

ひとつは自由に参加できるのと、もうひとつは音源選考があります。

・・・うぅ、やはりうまくなりたい!
これですね・・・(^^)

ところでにじのはなさんの聖書の言葉ですが、
私も高校時代に、担任の先生から『新約聖書』を頂き、読んでいたことがあります。
頂いた時に‘最初から最後まで読んでも理解は難しいだろうから、目次を読んで自分の今の心境に一番近い項目を読みなさい’と教わりました。

しんどい時や嬉しいことがあった時、こっそり
聖書をひろげた事を思い出しました。

聖書を読みながら‘あぁ、そうそう!そうやねん’‘あー、すっきり’と感じたものでした(^^)

にじのはなさんのBlogを見て、‘あぁ、そうそう!そうやねん’と一つでも多く感じたいと思います(^^)

どないやった?

やすけさん

ご来訪&コメントありがとうございます。
ゴスペル、いいですね。にじのはなもやってみたいです。
どうせやるなら、やっぱりうまくなりたいですよね。

あまり聖書に触れる機会は皆無に等しい現代日本にあっては、新約聖書だけでも手にされたことがあったこと、にじのはなとしてはよかったなぁと思います。
たま~にでも、聖書のページをまためくってみてもいいものだと思いますから、是非探してみてくださいね。
このブログでは、思いつくままに書いていますのであまりピンとこないことも多いはずですが、少しでも“そうやねん”と思ってくださったら嬉しいです。

また来てくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。